YOGA

ヨガ

石垣島でココロとカラダの癒しの旅

Yoga, Healing Sports

「那覇空港から飛行機で約1時間、八重山諸島の玄関口・石垣島。リゾートホテルや複合施設など、都市機能が整う一方で、亜熱帯の美しい自然に触れられるなど、魅力が尽きない南の島です。 そんな石垣島で、ココロとカラダを開放する究極の癒し旅をご案内します。

日常を忘れ、開放感に溢れた大空の下で・・・

旅先でヨガに挑戦してみたい。長年思い描いていた私の夢を叶えてくれたのは、石垣島にある「Yoga Retreat Village, kSaNa (ヨガ リトリート ヴィレッジ クシャナ)」です。 石垣空港から車で30分、高台にある琉球瓦が印象的な建物で、まずは受付からスタート。カウンセリングによって、心身の不調和に合わせたヨガプログラムを先生が1人1人に合わせて用意してくれるため、 初めての方でも安心です。カウンセリング後は、併設する「ぬちぐさカフェ」でひと休み。島の旬の野菜やフルーツを使ったスムージーでパワーをチャージし、いざビーチヨガへ出発!

先生はヨガの達人・長島千比呂さん

「Yoga Retreat Village, kSaNa (ヨガ リトリート ヴィレッジ クシャナ)」代表の長島先生は、ヨガをしている人にとっては憧れの的! そんな先生から直々の指導を受けれられるなんて感動でした。長島先生は、南インドで伝統的なヨガのスタイル、Siva Raja Yoga(シヴァラージャヨガ)を学び、2008年から「クシャナヨガスクール」を経営。 現在、関東の2校と石垣島の計3校を運営しています。ヨガや海、サーフィンが大好きで、2015年から石垣島に移住。 自らインストラクターを務める傍ら、インストラクター養成コースを開講し、ヨガ指導者育成にも力を注いでいます。

朝日のベールに包まれて、眠った身体を呼び覚ます

ビーチへ移動し、いよいよヨガの体験スタート。海辺の開放感を味わいながら、島の空気を全身に取り込みます。 スゥ〜、ハァ〜、と呼吸するたびに、島のパワーをチャージしている気分に。 「三日月のポーズ」や「三角のポーズ」など、初めての私でもポージングがしやすく、1ポーズ終わるたびに体のあちこちが目覚めていく感覚です。 最初は先生のポーズを真似することで精一杯だったのが、少しずつ慣れてくると、目の前に広がる青い海を眺めたり、心地よく響く波の音に耳を傾けたり、頰を撫でる海風を感じたりと、 徐々に五感が研ぎ澄まされていく感覚に。太陽の光を全身に浴びて身も心もすっきり軽く、心は穏やかになりました。

体が固いので、ヨガのポーズができるか心配だったのですが、先生曰く「できる範囲でOK」とのことだったので、安心してポージングができました。 石垣島の自然をまさに全身で体感でき、大満足。最高に贅沢な時間となりました。

ヨガ体験の後は・・・「美」をチャージ!自家製ハーブのヘルシーランチ。

ランチは、名蔵湾を望む小高い丘にある「ガーデンパナ」へ。ここはカフェとハーブガーデン、ショップ、工房を併設と、ランチ以外にも楽しめる要素がたくさんあります。 まずはお腹を満たすべく、カフェでランチ。私は店員さんおすすめの「ハーブたっぷりボウル」をチョイス。石垣島の川満養豚から取り寄せるもろみで育てる「もろみ豚」のミンチに、摘みたてハーブをたっぷり使用。 爽やかなハーブの香りと味に、ミンチのコクがマッチしています。ハーブガーデンを眺めながら過ごす至福のひと時。ゆったりとした気分で過ごせました。

ランチの後は、ハーブガーデンを散策。

お腹が満たされたら、ハーブガーデンの散策へ。レモングラス、セージ、ローズマリーやタイバジルなどのハーブをはじめ、月桃や長命草といった琉球ハーブなど、100種類以上のハーブを栽培。散策していると、時折ハーブの香りがふわりと全身を包み込みます。 遠くにきらめく海を眺めながらハーブガーデンで過ごす癒しの時間。島の空気のように、ゆったりとした時間の流れを肌で感じられました。

ショップでオリジナルのお土産を購入。

併設するショップでは、島育ちのハーブを主役に秘伝のレシピで作る自然派調味料やハーブティーなど、オリジナルアイテムを販売しています。 私も自分用や友達用にと、お土産探し。「キレイをつくるローズヒップ」などのハーブティーやレモングラスやウコンなどのハーブやスパイスを海塩とブレンドして焙煎した「チャンプルの素」、 ハーブソルト風味の「ハーブちんすこう」、「ブレンドハーブティー」など。どれも体に良さそうで、沖縄らしいラインナップ。 パッケージも可愛いから、友達へのお土産にもぴったりです。

ヨガ体験の前後に・・・ 石垣島で絶対に外せない絶景名所・川平湾へ。

石垣島に来たなら、一度は行っておくべき絶景名所。それが川平湾です。美しいエメラルドグリーンの海に緑の島々が浮かぶ景色は、絵に描いたような美しさ。国の名勝にも指定されていて、訪れる人もリピーターが多いとか。確かに、何度見ても感動してしまいそうな美しさです。 ビーチへ下りてみると、これまたその美しさに言葉を失ってしまいました。白い砂浜に、透明度の高い海。エメラルドグリーンからブルーへのグラデーションには、ため息が出るほど。

石垣島の自然の中で、ヨガとハーブと景色に癒されっぱなしの1日。非日常の世界にどっぷりと浸れ、心の底から開放的な気分に。 日頃頑張っている私へのご褒美旅になりました。また次回ために、明日からの毎日を新たな気持ちで始められそうです。石垣島、また会う日まで!

取材協力
    • Yoga Retreat Village,kSaNa ヨガ リトリート ヴィレッジ クシャナ

      住所:沖縄県石垣市新川1585-4
      電話番号:0980-87-5128
      ホームページ:http://yoga.okinawa/
      メールアドレス:retreat@ksana-yoga.com
      営業時間:ぬちぐさカフェ11時〜15時30分(LO)

      ビーチヨガ:6300円(ビーチまでの送迎、マットレンタル代込) 
      ※ランチ付きは7150円 2日前まで要予約。動きやすい服装で。対象年齢13歳以上から。※3名〜6名まで受付可能

      石垣島の自然を感じながら、ヨガを体験できる施設です。 初心者からベテランまで、様々なプログラムを用意。 夕陽を見ながらのサンセットヨガや、朝日に包まれる朝ヨガなど、体験時間を相談できるので、旅の行程に合わせて気軽に体験してみよう。 またヨガリトリートを提唱。施設内にある琉球赤瓦のヨガロッジに泊まって、ヨガのレッスンや島野菜の朝食などがついた、ヨガを目的とした旅のプランを設定。詳しくはHPで。




    • Garden Pana ガーデンパナ

      住所:沖縄県石垣市崎枝239-14
      電話:0980-88-2364
      営業時間:9時〜17時
      定休日:水曜
      ホームページ:https://gardenpana.com/

      摘みたてのフレッシュハーブを使ったサラダや自社オリジナルの調味料やハーブオイルで作る料理を提供。どれもヘルシーで美味と評判。食後はハーブガーデンを散策したり、ショップでオリジナル商品を購入したりと、ハーブ香るロケーションの中でゆったりとした時間を過ごすことができます。

      ※掲載情報は、2019年9月現在の取材時の情報です。詳しくは施設でお問合せください。

      石垣島の観光に関するお問い合わせは、(一社)石垣市観光交流協会へ

      住所:石垣市浜崎町1-1-4 石垣市商工会館1F
      電話:0980-82-2809
      営業時間:8時30分〜17時30分
      定休日:土日祝、年末年始
      ホームページ:http://www.yaeyama.or.jp

ココロとカラダの癒しの旅ならこちらもオススメ!