WATCHING

観戦

ビジターサポーターの沖縄の楽しみ方

Report

2019年にJ2へ昇格した沖縄のプロサッカーチーム・FC琉球。昇格に沸いたのは沖縄県内だけでなく、J2のアウェイチームのサポーターの間にも「沖縄に観戦に行くことを楽しみにしている」という声があがっています。県外から来られるビジターサポーターのみなさんに、試合会場まで楽々行けるシャトルバスのご案内や、試合前の注目ポイント、試合後の楽しみ方などをご紹介します!

スタジアム直通シャトルバスが運行

FC琉球の試合では、スタジアム直通の「ちゃんぷるーRyukyuバス」が運行しています。事前予約制で、FC琉球の公式サイトから予約を済ませ、当日出発時刻の20分前までに集合場所の沖縄県庁県民広場の前へ。沖縄県庁までは、那覇空港から沖縄都市モノレール(ゆいレール)で約12分の「県庁前駅」で下車。徒歩3分ほどで県民広場前に到着します。

バスを待つ間、ビジターサポーターさんにお話を伺うと、「試合会場へ行く直通シャトルバスが出ているのは他ではないと思うので、これは楽で良いですね!」とのこと。レンタカーを自分で運転して会場に向かうのがすこし不安なかたや、会場で駐車場を確保する心配もなく、スタジアム内に楽々たどり着けるのは便利ではないでしょうか!

スタジアムの出店ブースでオキナワンフードやドリンクを味わう

シャトルバスは試合時間に合わせて余裕を持って到着するため、早めにスタジアムに到着します。行き帰りがバス乗車なら自分では運転しないのでアルコールもOK。沖縄のオリオンビールを飲んで気分を盛り上げてみたり、美味しそうな食のブースも充実していますので、ぜひ味わってみてください。

たとえば、沖縄のソウルフードの定番といえばタコライス。そして、沖縄のブランド豚・あぐー豚の丼ぶりも絶品です。そのほか、食べ応えがある名物キロ弁(1キロ弁当)などを食してみてはいかがでしょうか。

沖縄のエンタテイメントで試合前会場が盛り上がる

子供たちにも大人気のFC琉球公式キャラクター・「ジンベーニョ」や「琉球BOMBERZ」によるダンスパフォーマンスなど試合ごとに少しずつ装いを変えてくる場合もあるのでそこもお見逃しなく。そのほかにも、沖縄らしいエンタテイメントが繰り広げられたりします。

Photo by SARU(SARUYA AYUMI)

たとえば、モンゴル800の生演奏が披露されることもあったり、ご当地でしか見られないエンタテイナーのショーを堪能することができます。沖縄の食や文化を楽しんだあとは観戦を楽しみます。

ビジターサポーターさんからの生の声

2019年に訪れたビジターサポーターさんたちに、沖縄で観戦することの楽しみ方など、実際に体感された話を聞かせてもらいました。
「FC琉球がJ2に昇格して、J2チームのほとんどのサポーターが、FC琉球とのアウェイ戦がいつになるのかを楽しみにしていたはずです。沖縄で試合を観戦して応援するのはもちろんなのですが、試合のほか、沖縄滞在中は観光で美ら海水族館や古宇利島に行ってみたり、試合後の明日は鍾乳洞があるおきなわワールドに行くのを楽しみにしています。そのほか沖縄料理を食べるのも楽しみです。ヒージャー料理(ヤギ料理)とか沖縄そばなど、試合後に食べに行ってみたいと思っています」(森川さん/北海道から観戦)

「FC琉球がやっとJ2に昇格したので」楽しみにしていました。試合を観に来ることをきっかけに初めて沖縄に来たのですが、食べ物が美味しかったです。海ぶどうや島らっきょう、ゴーヤーチャンプルーなどのほか、泡盛も美味しかったですね。今年に限らず、来年もまた沖縄での対戦を楽しみにしています!」(由井さん・油川さん/東京から観戦)

そのほか、ご家族で沖縄まで試合を観に来られたかたもいらっしゃいました。「2月の対戦発表をみて、沖縄に観戦に行くことを家族で楽しみにしていました。いつもだったら試合を観に行くだけですが、試合会場が沖縄となると、家族旅行+αで、試合を観に来たというか、観戦と観光の両方楽しめるのが良いですね。子供とパターゴルフを楽しんだり、明日は家族で美ら海水族館に行ってみたいと思っています。他の地域との違いはやっぱり海が綺麗なので、沖縄旅行をとても楽しみにして来ました」(雨宮さん/東京から観戦)

そのほかにも、「リゾートの雰囲気の中で観戦できた」、「試合前後の日程をマリンレジャーや沖縄の自然を満喫した」、「沖縄の地域柄なのか、スタッフさんがアットホームな感じが良かった」などの感想コメントがありました。

沖縄でアウェイサポーターさん大歓迎のお店はココ

試合後にサッカー好きが集まるお店や、とくに県外からのサポーターも大歓迎のお店をご紹介。沖縄の有名店のほか、スタジアムから一番近くて地元選手にも人気の"隠れ家的お店"もあります。

「FOOTBALL CAFE CAMP NOU(フットボールカフェ カンプノウ)」(那覇市)

サッカー好きが集まる人気店のひとつが、那覇市国際通りにあるホテルJALシティ那覇の裏手、ニューパラダイス通り沿いにあるFOOTBALL CAFE CAMP NOU(フットボールカフェ カンプノウ)。2003年にオープンし、サッカーファンをはじめ様々なスポーツファンが集う有名店。特徴的なのは、ビジターサポーターからホームサポーターまでが一緒になって集えるお店。試合後は敵も味方も関係なく一緒になって試合を振り返ったり、わいわいと楽しめるお店です。人気のフードメニューはオリジナルミートとサルサソースが自慢のタコス、人気ドリンクは泡盛。

FOOTBALL CAFE CAMP NOU

住所:沖縄県那覇市牧志1-3-14
電話:098-941-2411
営業時間:18:00〜翌2:00
※定休日:火曜日(試合日程によって火曜日営業もある)
アクセス:ゆいレール美栄橋駅から徒歩7分
公式サイト:https://twitter.com/cafedecampnou

「韓風創酒家 蓮 -REN-」(沖縄市)

試合会場のタピック県総ひやごんスタジアムから一番近い人気のお店が「韓風創酒家 蓮 -REN-」。地元選手も訪れることがあるという隠れ家的なお店です。店内にはFC琉球など地元サッカーチームの選手サインのほか、実際に着ていたユニフォームやスパイクなどがディスプレイされていたり。パブリックビューイングも楽しめるお店。人気のフードメニューは、サムギョプサル、ポッサム、プルコギ、チジミ、ユッケジャンスープなど、人気ドリンクは生マッコリ。県外からのビジターサポーターさんのお越しもお待ちしています。

韓風創酒家 蓮 -REN-

住所:沖縄市泡瀬2-54-6
電話番号:098-921-3638
営業時間:ランチ:11:30〜14:00 ※定休日:日、月
     ディナー:18:00〜23:30(L.O.22:30) ※定休日:月
アクセス:スタジアムから車で5分
公式サイト:https://www.facebook.com/rendesuu/



関連リンク先

FC琉球公式サイト:http://fcryukyu.com/

琉球BOMBERZ:https://www.ryukyubomberz.com

沖縄市ホームタウン情報:https://kozaweb.jp/