OTHER

その他

心と身体を解きほぐすリラクゼーション 沖縄で過ごす癒しの時間

Column

 マラソンやサイクリングなどスポーツイベントで沖縄を訪れる方たちにおすすめしたいプランをご紹介します。
 年間を通して温暖で過ごしやすいここ沖縄では、毎年数多くのスポーツイベントが開催されており、全国各地から参加者が集まります。イベントの前後は、観光やグルメを楽しむという方も多いのではないでしょうか。

 旅先でアクティブに過ごすためには、スポーツ後のリラクゼーションが大事。蓄積した疲労をマッサージでほぐすことで、筋肉疲労の回復やケガの予防に繋がるからです。

「ホテル外観」画像提供:ロワジール スパタワー 那覇

 県内には数多くの施設がありますが、今回はロワジールスパタワー那覇で受けられるリラクゼーションメニューを紹介します。

「三重城温泉 海人の湯」画像提供:ロワジール スパタワー 那覇

 トリートメント前に案内されるのは、館内にある天然温泉「三重城温泉 海人の湯」。こちらの天然温泉は、約800万年前の化石海水を源泉に持つ食塩泉です。

「三重城温泉 海人の湯」画像提供:ロワジール スパタワー 那覇

 特徴は、肌に付着した塩分が汗の蒸発を防ぐため保温・保湿効果が高いこと。体の芯から温めるので、神経痛や筋肉痛、関節痛、疲労回復などにも繋がります。

 体がしっかりと温まった後は、世界トップクラスのスパを選ぶ「WORLD LUXURY SPA AWARDS 2018」で受賞した『CHURASPA inspired by SMART ARYURVEDA』へ。

 経験豊富なセラピストによるカウンセリングを受け、その人に合ったアロマオイルを選びます。

 数あるメニューの中でも、スポーツ後の体におすすめなのが「アビヤンガ・ディープボディワーク」。コースは60分、90分、120分の中から選ぶことができるので、疲労具合やその時の気分で選べるのが嬉しいですね。絶妙な力加減で筋肉の疲れや老廃物を流し、ストレッチで肩や背中、腰を中心に体のコリをほぐしていきます。凝りや痛みの幹部を重点的にケアすることもできるので、希望される方はセラピストに伝えましょう。

 普段自分ひとりでは伸ばしづらい鎖骨や肩甲骨まわりも時間をかけてもみほぐしてくれます。自覚していなかった張りやコリ、むくみが取れてスッキリ。
 実際にトリートメントを受けた方からは「溜まっていた疲れが取れました」「体だけでなく、頭もクリアになりました」「体も心もポカポカになって、幸せな気分です」などの声が届いているそうです。

 トリートメント後は、体が温まるお茶をいただきながらカウンセリングを受けます。セラピストから体の状態やアフターケア、セルフケア、朝食のとり方などのアドバイスをしてもらいました。

「朝食」画像提供:ロワジール スパタワー 那覇

 ロワジール スパタワー 那覇でいただけるのは、洋食を中心としたモーニングビュッフェ。セラピストからのアドバイスを参考に、水分をしっかり取り(就寝中に失った水分を体内に補充するため)、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているフルーツを多めに摂取します。

「沖縄料理」画像提供:ロワジール スパタワー 那覇

 自家製パンや和食、沖縄料理、新鮮野菜やフルーツを使ったコールドプレスジュースなどもあり、あれもこれもちょっとずつ味わってみたくなります。

 自然からの恵みを受け、ビタミンやミネラルが豊富に含まれている沖縄食材。県内のホテルでは、それらをふんだんに使ったメニューがいただけるところも多いです。

 今回紹介したロワジール スパタワー 那覇以外にも、本島南部近辺には琉球温泉瀬長島ホテルの「琉球温泉龍神の湯」や、ユンイチホテル南城の「天然温泉さしきの猿人の湯」などがあり、スポーツ後の疲労回復におすすめです。

 スポーツにリラクゼーションにグルメ。滞在中に"やってみたいこと"のすべてが叶ってしまうのも、沖縄の魅力ではないでしょうか。

撮影協力:ロワジール スパタワー 那覇

お問い合わせ

ロワジール スパタワー 那覇

〒900-0036 沖縄県那覇市西3-2-1

電話:098-868-2222
HP:https://www.spatower.com/