WATCHING

観戦

沖縄でプロスポーツ観戦の旅を楽しもう

Report

沖縄で「観戦」を楽しむことができるプロスポーツをご存知ですか? 生で見るプロの試合には、想像以上の迫力と感動がつまっています。さらに、「沖縄らしい演出」や「県民サポーターの熱狂的な応援」など、他県では味わえない沖縄ならではの楽しみ方も盛りだくさん。

バスケットボール、サッカー、ハンドボール、そしてプロ野球キャンプまで、沖縄で楽しめるプロスポーツ観戦の魅力をたっぷりご紹介します。熱いプロスポーツの世界にふれて、沖縄の新たな楽しみ方を発見してください!

琉球ゴールデンキングス / バスケットボール

2007年の結成以来、バスケットボール界を牽引してきた、沖縄のプロチーム・琉球ゴールデンキングス。"走るバスケ"のプレースタイルで、見る者を魅了しています。


キングスの強さを後押しするのが、キングスサポーターたちの熱狂的な応援。沖縄で開催されるキングスのホーム戦では、大勢の観客が会場を埋め尽くし、力強い声援で試合を沸かせています。

Bリーグ開幕を迎えた今年、シーズン初のホーム戦となった10月1日、相手は滋賀レイクスターズ。キングスのホーム試合には、他県からきたアウェイサポーターの姿もあります。はるばる滋賀から駆け付けた「滋賀レイクスターズ」サポーターの男性に、お話を伺いました。

「レイクスターズの応援はもちろんですが、キングスのホーム試合を生で観戦してみたかったんです。キングスサポーターのアツい応援は、ファンなら1度は見ておかないと!」

キングスサポーターの熱い応援は、アウェイのサポーターをも魅了します。試合前には首里城を観光し、有名な沖縄そばのお店に行かれていたそうです。

「SNSで繋がった沖縄のキングスサポーターが、オススメのお店に連れていってくれたんです。相手チームのサポーターとはいえ、地元の人が案内してくれるのは嬉しいですね」

沖縄でのスポーツ観戦を通して、県民と繋がり、観光や食を堪能されていました。

Bリーグ観戦は、試合はもちろん壮大な演出の数々にも注目です! 試合開始直前に、会場がゆっくりと暗転。そして、体を揺さぶる重低音の音楽と光を組み合わせたコンサートのような演出で、サポーターのボルテージも最高潮に。

タイムアウト中も楽しめる
ダンスパフォーマンス

キングスのタイムアウト時は、キングスの専属チアリーダー「キングスダンサーズ」が登場! 華やかなダンスパフォーマンスに心を奪われます。沖縄の人気タレントやダンサーが登場するハーフタイムショーや、観客が参加できるフリースローチャレンジなども見所です。
会場内の売店や売り子さんからオリオンビールを買うのもオススメ。冷えたビールを片手に応援、間違いなくテンションが上がりますね。

キングスを応援して
会場の一体感を味わおう

沖縄の伝統楽器・三線の音楽に合わせて「GO!GO!キングス!」と叫ぶオフェンスコール。一方、重厚感のある音とともに「ディフェンス!ディフェンス!」と声を張り上げるディフェンスコール。息の合った観客たちの応援が会場を盛り上げます。
アウェイチームのファン曰く「キングスのホーム試合は、キングスファンの応援があまりにも凄いので、逆に私たちも応援への力が入ります!」とのこと。強い逆境の中でチームが奮闘する姿に、おのずとアウェイのファンたちの声援にも熱がこもります。当然キングスにとってラクな試合展開にはさせてくれず、バスケ特有の一進一退な試合展開に最後まで興奮しっぱなしです!

日本一と言っても過言ではないほどの、キングスホーム戦の盛り上がり。この熱い空気は、県外から足を運んででも体感する価値があります!

FC琉球 / サッカー

沖縄のプロサッカーチーム・FC琉球。2003年に結成され、2013年にJ3に参入した、沖縄初のJリーグチームです。ホームスタジアムは、沖縄県総合運動公園競技場。チームカラーは、暗い赤みを帯びたベンガラ色。現在の首里城と同色で、伝統的な琉球文化を表す色です。闘争心を感じさせるチームカラーどおり、「貪欲に勝ち点3を取りに行く」のが琉球FCのプレースタイル。攻撃的なプレーで観客を湧かせます。

スタジアム名物
「キロ弁」などが並ぶフードコート

スタジアム前には、沖縄ご当地グルメのフードスタンドがずらりと並びます。総重量1kgを超える名物弁当「キロ弁」は、アウェイのサポーターからも大人気。試合前には行列ができることもあります。もちろんアルコールも購入可能。南国の沖縄で、キンキンに冷えたビールを飲みながら楽しむスポーツ観戦はたまりません。

FC琉球のホーム戦には、アウェイチームのサポーターが全国各地から応援に駆け付けます。今回取材に応えてくれたのは、長野パルセイロサポーターの皆さん。沖縄での試合には毎回必ず参加され、その前後で首里城や沖縄美ら海水族館などの観光地にも足を運ばれているそうです。


「試合後には、国際通りの沖縄居酒屋で祝勝会(負けたら反省会)を行なうのがいつもの流れです(笑)」

アウェイチームのサポーターさんもしっかり沖縄を満喫されていました。自身が応援するチームが沖縄で試合をする際には、沖縄観光も一緒にしてみてはいかがでしょうか。

試合前やハーフタイムには、地元シンガーやダンサーによるパフォーマンスや、FC琉球の選手たちと交流できるファンサービスがあります。上の写真は10月に行われたハロウィンイベントの様子。変装したFC琉球の選手たちと一緒に写真を撮るサポーターや来場者の姿が見られました。

沖縄ならではの応援と
得点時に見られる「琉球スプラッシュ」

試合はもちろん、沖縄民謡や方言を織り交ぜた沖縄サポーターたちの応援も大きな見どころ。勝利の瞬間には伝統的な手踊り「カチャーシー」を踊ることもあり、沖縄らしさが感じられます。
コーナーキックの際は、タオルを振り回してエールを送るのがFC琉球流。また、得点が入ると特定の席で水が噴射される「琉球スプラッシュ」もお楽しみのひとつ。熱気に包まれたスタンドでずぶ濡れになりながら応援する楽しさは、FC琉球のホーム戦でしか味わえません!

※今シーズンのFC琉球ホーム試合は、すでに全日程終了しています。来季リーグでのご来場を心よりお待ちしております!

琉球コラソン / ハンドボール

「観戦スポーツ」としては、全国的にマイナーなハンドボール。しかし、沖縄で開催される地元クラブチーム「琉球コラソン」のホーム試合はほぼ満席です。「ファミリア」と呼ばれる地元サポーターたちの家族のような一体感あふれる応援が特徴の、コラソンのホーム戦。観客席にいるファミリアにはコラソンのハンドボールスクールで指導を受けた小中高生も多く、県民からの高い人気を感じられます。

「コラソンのプレースタイルは"一体感"を大切にしている」

そう語るのは、プロ6年目の連 基徳(むらじ もとのり)選手。これまでエースひとりが得点を重ねるスタイルでしたが、「全員で守り、全員で攻めるプレー」に変わりました。誰がシュートを打つか分からないボール運びで、相手チームを翻弄します。観客も騙されるほどの、巧みなフェイントも見どころです。

まるで格闘技のように激しくぶつかり合いながら、スピーディーなボール運びで試合が目まぐるしく展開していくハンドボール。至近距離から放たれるシュートは、なんと時速100キロにもなるそう。その迫力を生で体感すると病みつきになります。

コラソンのホーム戦で注目すべきは、照明やBGMを用いた演出の数々。選手入場時には会場が暗転、攻守が切り替わるごとに音楽もチェンジ。さらにコラソンが得点を決めれば専属MCによる「GOAL!!!」のコール、観客の歓声も重なって会場のテンションはピークになります。
これだけの盛り上がりや凝った演出を体感できるハンドボールの試合は、全国でもコラソンの沖縄ホーム戦だけ!

コラソンならでは
ハンドボールのゲームにチャレンジ!

体育館を出れば、飲食ブースやグッズ販売、ハンドボールのゲームコーナーがあります。飲食ブースでは、ピザやポップコーン、会場によってはアルコールも販売されています。お酒や軽食をつまみながら観戦を楽しめるのは、コラソン戦ならでは。

沖縄のお土産にぴったり!
伝統染色「紅型」ユニフォームが目玉!

グッズ販売コーナーでは、ユニフォームやかりゆしウェアなどコラソンの様々なオリジナルグッズが購入できます。注目は、沖縄の伝統染色「紅型」のユニフォーム。観戦の記念としてはもちろん、沖縄のお土産にもぴったりです。

試合のあとは、コラソンの選手が出口で観客をお見送りしてくれるファンサービス。サインやハイタッチ、写真撮影にも快く応じてくれます。地元ファミリアだけではなく来場した観客全員に向けた温かいサービスに、思わずコラソンファンになってしまう県外の方もいるのだとか。沖縄らしいコラソングッズ、温かいコラソン選手たちのサインやツーショット、プロハンドボール試合の迫力や面白さ、そして沖縄でしか体感できないコラソン戦の熱さを、ぜひ沖縄旅行の「手土産」にしてください。

プロ野球キャンプ・プロサッカーキャンプ


沖縄のキャンプといえばプロ野球、プロサッカー!近年は、野球やサッカーを始めとする様々なプロスポーツチームが暖かい冬の沖縄に集い、本島・離島各地でキャンプを実施します。いつもテレビや観客席など遠くから見ている選手たちと、間近でふれ合えるのがキャンプの魅力!県外からも、毎年多くのファンがキャンプを見に沖縄を訪れます。

2017年は、プロ野球は国内9球団・韓国2球団(1月20日時点)、プロサッカーでは国内14チーム・中国7チーム、韓国1チームが集結します。本島や離島各地で行われるキャンプをツアーのように巡るファンも多く、各地で沖縄観光やショッピングも楽しむこともできます。

大好きなあの選手とも
話せちゃうかも!
キャンプだから実現する選手との触れ合い

キャンプでのお楽しみ、1番はやっぱり選手とのふれあい!練習中の真剣な表情はもちろん、時には笑顔や和気あいあいとした雰囲気を見せてくれます。手を振ったら応えてくれることもありますよ。
休憩時間や移動の際は、選手が間近にきてサインをしてくれるかもしれないチャンス。サイン用のボールや色紙、ユニフォームを持っていくのがおすすめです。サイン会など公式のファンサービスが実施されることもあるので、各チームのホームページで予めチェックしておきましょう。

キャンプだから実現!
チーム内の紅白戦

またキャンプでは、チーム内の紅白試合、他チームとの練習試合などを見ることができます。オフシーズンとはいえ、プロの試合を無料で観戦できる貴重な機会。公式ではなくとも今季の行方を占うような大切な試合につき、好きなチームの応援にはぜひ駆け付けてあげてください。選手はもちろん各チームのファンも各地から集い、公式戦さながらの白熱した試合を観ることができるでしょう。ルーキーや2軍選手も積極的に起用されるため、「期待の新星を見る」という通な楽しみ方もありますよ。


「沖縄プロ野球キャンプ2017」「沖縄サッカーキャンプ」は、最新情報が網羅された特設サイトがあります! 各チームのキャンプ情報はもちろん、開催地となる市町村の魅力やキャンプの楽しみ方、観戦前後の観光情報もGETできますよ!

【沖縄プロ野球キャンプ2017】http://www.okinawabaseball.com/
【沖縄サッカーキャンプ】http://soccer-camp.okinawa/

沖縄旅行 × プロスポーツ観戦で、
最高の思い出を増やそう!

各種スポーツファンもそうでない方も、一度沖縄のプロスポーツ観戦を体験してみてください。ハラハラの試合展開はもちろん、沖縄だからこそ体感できる熱い応援や演出に巻き込まれて大興奮すること間違いなしです!
さらに、やはりここは大人気の旅行スポット・沖縄。スポーツ観戦の前に、観光地を回ったり、海でリゾート気分を楽しんだりするも良し。また、観戦後の興奮をそのままに、地元の居酒屋で美味しい沖縄料理や泡盛を楽しむも良し。
プロスポーツ観戦で、沖縄旅行に「アツい応援の思い出」をプラスしてみませんか?