MARATHON

マラソン

沖縄おすすめフラワーランマップ

Column

アドバイザー:RunDesign OKINAWA/金城雄也さん

アドバイザー:RunDesign OKINAWA/金城雄也さん
オーダーメイド・インソール専門店ランデザイン沖縄の店長およびテクニカルアドバイザー。スポーツ種目を問わず多くのトップアスリートから信頼を得ている。沖縄のマラソン事情にも精通し、ストレッチから練習法、走り方、コースまでトータルにアドバイスしてくれる。

あでやかな濃いピンクに感動 - 桜コース

おすすめ時期:1月下旬から2月上旬

カンヒザクラ

 日本で桜といえばソメイヨシノのことを指すのが普通だが、沖縄で桜と聞いて県民の頭に浮かぶのはカンヒザクラ(寒緋桜)である。本来の名はヒカンザクラ(緋寒桜)らしいが、ヒガンザクラ(彼岸桜)と混同されるのでこう呼ばれるようだ。
 樹高は5~10mで、庭木としてもよく植えられる。花は鮮やかなピンクで、その色はソメイヨシノよりかなり濃い。沖縄では1月から2月にかけて咲くが、ソメイヨシノとは逆に開花時期が北ほど、さらに標高の高いところほど早いという特徴がある。沖縄本島内では北部の山頂近くから咲き始め、南部の平地で終わるので、時間差を利用すれば1ヶ月程度は楽しめる。

ルートラボでコースを見てみよう! - 桜コース

 八重瀬町は2006年にそれまでの東風平(こちんだ)町と具志頭(ぐしかみ)村が合併してできた町。高台には古い町名を残す東風平運動公園があり、この風光明媚なスポットをスタート&ゴールとしてのどかな田園地帯を走ろう。
 東風平運動公園の北側ゲートを出て、左手に新築された八重瀬町役場を見ながら坂を下る。国道507号線の信号を右折しよう。
 ここはNAHAマラソンのコースの一部。東風平中学校を過ぎたあたりから直線が3km近くにわたって続き、NAHAマラソン名物ともいえる区間だ。両側をサトウキビ畑に挟まれており、沖縄らしさを実感することができるだろう。

 東風平中学校を過ぎて約2km。直線が終わる手前、富盛の信号を右折する。集落を通り抜けて緑に囲まれた八重瀬公園を目指そう。
 公園の入口には駐車場があり、その先にも道路が続いているが、そちらへ走って行かないように。実は駐車場脇に目立たない階段があり、そこが入口になっている。
 公園内に入ると上りの階段が続く。その脇に桜の木が並んでいる。顔に当たりそうなほど枝が垂れ下がり、カンヒザクラの花の風情が肌で感じられるほどだ。
 それほど広くない公園に桜の木が400本ほど植えられているので、密度の濃いピンクの花景色が楽しめる。時間があればゆったり散策したり一息入れたりと、好みのスタイルで花を満喫していただきたい。
 帰りも同じルートを通って東風平運動公園を目指そう。ちなみにこの公園はシャワー室も備えている。近隣には平和祈念公園、うちなーファーム、おきなわワールド等の観光スポットもあるので、シャワーで汗を流して、ここから直接南部観光に出発できるのも利点だ。

桜コースマップ - 約12.2km

スポットガイド

  1. SPOT1

    東風のPingスポーツパーク(MAP1)
    野球場、ソフトボール場、陸上競技場、サッカー場、体育館、テニスコートなどを備える。シャワー室も完備。駐車スペースもたくさんあって使いやすい。
    八重瀬町東風平1076
    TEL:098-998-2140

    東風のPingスポーツパーク

  2. Spot2

    国道507号線
    NAHAマラソンでいえばだいたい12~15km地点となる。直線に見えても意外にアップダウンが多い区間なので、それを念頭に走りたい。

    国道507号線

  3. Spot3

    八重洲瀬戸公園(MAP6)
    八重瀬城跡にある公園で階段の両脇には約400本の桜が植えられていて、桜の名所としても知られる。2016年1月22日~2月7日まではライトアップも。
    八重瀬町富盛
    TEL:098-998-2344

    八重洲瀬戸公園

ほかにもあるよ!桜コース

  • 本部町八重岳

    本部町八重岳
    「日本で一番早い桜まつり」と銘打って桜祭りが開催される。ただし週末や祝日は人や車が多いので気をつけて走りたい。
  • 今帰仁城跡

    今帰仁城跡
    世界遺産にも登録されている古城の桜が楽しめる。桜祭りも開かれ、特に夜のライトアップが美しいと評判。

緑の山に映える赤、白、ピンク - つつじコース

おすすめ時期:3月上旬から下旬

ケラマツツジ

 つつじは一般的には初夏の訪れを告げる花といわれている。しかし沖縄では3月の上旬くらいからケラマツツジという品種が咲き始める。いわば春告げ花のようなもので、開花すると急激に暖かくなり、この時期天気のいい日に走っていると汗ばむほどだ。特に本島北部のやんばるといわれる地域ではケラマツツジの花が美しさを競い合うように咲き乱れ、山の緑を彩る。
 樹高はせいぜい2~3mで、それほど大きくならないので鑑賞にも適している。ちなみに毎年3月に開催される「東村つつじ祭り」のつつじの木はきれいに剪定されているので、非常に見やすい。

ルートラボでコースを見てみよう! - つつじコース

 ケラマツツジを愛(め)でながら走るのにおすすめなのは、沖縄きってのつつじの名所である東村(ひがしそん)。本島北部の東側、太平洋に面した風光明媚で静かな村だ。 プロゴルフ界で活躍する聖志、優作、藍の宮里三兄弟の出身地としても知られている。
 スタートはサンライズひがし。ここを出て東方向へ150mほど走ったら東村役場の方向へ左折し、坂を上って行く。まもなく歩道脇に咲き誇るツツジの花が見えてくるだろう。左手には毎年3月に「東村つつじ祭り」が開催される「村民の森つつじ園」があるので、期間中ならぜひ立ち寄ってみよう。5万本におよぶというつつじの木に咲き誇る無数の花々の競演が楽しめる(祭りの入場は有料)。
 ちなみに村民の森つつじ園には「つつじエコパーク」が隣接している。ここはバンガローやオートキャンプ場があり、宿泊にも便利だ。

 その先は両側に亜熱帯の木々が茂る舗装路を福地(ふくじ)ダムに向かってひた走る。着いたらダム資料館まで足を伸ばしてみよう。ここが折り返し地点。片道約3.4kmの道のりだ。
 福地ダム資料館の脇からはダム湖の壮大な風景が楽しめる。ここは沖縄県でもっとも大きなダムで、県民の水がめとして重要な役割を果たしている。やんばるの貴重な自然に抱かれた湖を眺めるだけで疲れも癒されそうだ。
 帰りは山を下りながらふたたびサンライズひがしを目指そう。時々木々の合間から太平洋を見渡すこともできる。水平線まで見晴らす絶景は感動的だ。
 美しいつつじの花々、亜熱帯の緑、雄大なダム湖、太平洋の眺望などなど、多くの魅力を有するコース。那覇からはかなり距離があるものの、行く価値は十分にある。ただし、かなりアップダウンのあるコースなので、体と相談しながら無理のないように。

つつじコースマップ - 約6.8km

スポットガイド

  1. SPOT1

    サンライズひがし(MAP1)
    東村の特産品やその加工品などを販売する。トイレや駐車場も完備し、本島北部の東海岸では貴重な休憩所でもある。レストランもある。
    東村平良550-23
    TEL:0980-43-2270

    サンライズひがし

  2. Spot2

    村民の森つつじ園(MAP2)
    第34回東村つつじ祭りは2016年3月4日~3月21日。村の人たちが精魂込めて手入れしたつつじ約5万本が赤やピンク、白などの花々を咲かせる。

    村民の森つつじ園

  3. Spot3

    福地ダム(MAP3)
    福地川をせき止めて作られた沖縄最大のダムで、水道水や工業用水を供給する。米国統治時代の昭和44年に着工、沖縄の日本復帰後の昭和49年完成。

    福地ダム

ほかにもあるよ!つつじコース

慶良間諸島

慶良間諸島
ケラマツツジの名前の元になったのが、沖縄本島から40kmほど西の東シナ海に浮かぶ慶良間諸島。つつじの季節になると渡嘉敷島や座間味島で赤やピンクの花が咲き乱れる。

鮮烈な黄色に心奪われる - イペーコース

おすすめ時期:3月上旬から下旬

イペー

 別名コガネノウゼンとも呼ばれるイペーは南米のブラジルやコロンビアあたりが原産。本来沖縄にはない花だが、南米には数多くのウチナーンチュが移住していった歴史があり、その関係で取り寄せられ県内各地に植えられたという。ちなみにイペーはブラジルの国花でもある。
 樹高は5m以上に達し、3月ごろになると鮮やかな黄色い花を咲かせる。その色と形がトランペットに似ているため、英名をGolden Trumpet Treeという。沖縄市にはその名も「イッペー通り」と呼ばれる通りがあり、多くのイペーの木が植えられていて、花の時期には多くの人が訪れて美しい風情を楽しむ。

ルートラボでコースを見てみよう! - イペーコース

 沖縄市のコザ運動公園をスタート。高速道路の入口とは反対の方向へ走り、園田の信号で国道330号線に出たら左折しよう。200mあまり行き、胡屋南の信号を右へ曲がって沖縄郵便局の通りに入る。しばらく道なりに行くと「沖縄子どもの国」に突き当たる。ここは動物園を中心とした子ども向けのテーマパーク。園内は広く、魚や鳥たちがたわむれる大きな池などもあり、大人でも楽しめる施設なので、お立ち寄りスポットとしておすすめだ。
子どもの国に突き当たったら左折しよう。さらに突き当たりのコザ中学校の角の信号を左折し、くすのき通りを走る。
 すると胡屋十字路でふたたび330号線に出る。そこを右折し国道を走ろう。そして「中央パークアベニュー」の入口を左折。

 昔のこの通りは大勢のアメリカ人が闊歩するエリアだった。現在はそれほど多くはないが独特の雰囲気は残っていて、おしゃれな雑貨店や飲食店が並んでいるので、ウィンドウショッピングや食事が楽しめるスポットである。
 中央パークアベニューの坂を上りきったあたりにある「コリンザ」の手前を右に曲がり、もう一度右折すると「イッペー通り」に入る。300mほどの通り沿いにイペーの木が植えられていて、鮮やかな黄色い花が楽しめる。ちなみに植物の名前は「イペー」だが、沖縄の言葉で「いっぱい」とか「とても」を意味する「イッペー」という言葉と融合したようで、通りはそのように呼ばれている。
 花の風情をゆったりと楽しんで330号線に出たら右折し、来た道を200mほど戻ろう。胡屋十字路まで来たらもう一度右へ曲がってゲート通りに入る。米軍基地入口の手前を左折すると、ゴールのコザ運動公園までは500mほどの距離だ。

イペーコースマップ - 約5.9km

スポットガイド

  1. SPOT1

    コザ運動公園(MAP1)
    シャワー室も備えた本格的なスポーツ施設。走った後、ここで汗を流したら人気の「イオンモール沖縄ライカム」へ行ってみるのもおすすめ。
    沖縄市諸見里 2-1-1
    TEL:098-932-0777

    コザ運動公園

  2. Spot2

    沖縄子どもの国(MAP4)
    鳥類や爬虫類からライオン、キリン、ゾウなどの大型ほ乳類まで飼育する動物園や、ワンダーミュージアム、チルドレンズセンターなどの施設がある。
    沖縄市胡屋5-7-1
    TEL:098-933-4190
    オフィシャルサイト

    沖縄子どもの国

  3. Spot3

    チャーリー多幸寿(MAP7)
    1956年創業。沖縄にタコスを広めた名店ともいえる老舗だ。もっちりしたトルティーヤにビーフ、チキン、ツナ等の具材がたっぷり。ぜひ一度味わって。
    沖縄市中央4-11-5/中央パークアベニュー
    TEL:098-937-4627

    チャーリー多幸寿

ほかにもあるよ!イペーコース

  • うるま市イッペー通り

    うるま市イッペー通り
    うるま市石川東山にも「イッペー通り」という名の通りがある。沿道約300mに渡ってイペーが植えられ、開花期には県内各地から見物客が訪れる。